TOP >> お客様の声:メニュー >>


 旅コンシェルを利用して
 オリジナルの旅を実現した方の声をご紹介します。

他社では組み立ててもらえない様なプランでも提案して頂けました。
私たちの都合・希望に合わせて納得するプランを組んで下さったので、
旅コンシェルに決めました。
限られた時間と条件の中でマラソン大会を探されていた石川様ご夫妻。
マラソンに参加して頂ける最短のプランでご旅行されました。
日 程
1日目 日本→ 機内伯
2日目 マルタ着
ゼッケン受け取りなどマラソンの準備
マルタ泊
3日目 マラソン当日 マルタ泊
4日目 帰国の途へ 機中泊
5日目 →日本  

■ご利用ホテル

・マルタ:HOTEL PLEVBNA


  私は、初めてのフルマラソンをどの国で走ろうか以前から考えていました。
未だ訪れたことのない国、日本に残る子供たちのスケジュールに影響しない時期に開催される大会、普段走り慣れていない主人ためフルマラソン以外の種目がある大会、これまでに乗ったことのない航空会社のフライト、英語なら日常不自由しないので英語が通じる国。この要件を満たしていたのがマルタでした。

20年ぶりくらいの長距離路線の旅。。。

狭い飛行機の中で長時間大丈夫かな?と不安でしたが、全く杞憂に終わりました。
エミレーツ航空のエンターテイメントは非常に充実していて退屈しませんでした。関空−ドバイ、ドバイ−マルタ、マルタ−ドバイ、ドバイ―関空と乗る度に機内食がふるまわれ、クルーたちの仕事ぶりを見たり、フライトそのものも重要な”旅”の一部でした。

現地では、まるでマルタ人になったかのように溶け込み、主人と二人であちこち歩き回り、お買い物を楽しみ、お酒を飲んだり、夕食をとったり。限られた時間の中でも非常に充実した時間でした。


第一の目的であった初めてのフルマラソンはほろ苦い結果となりましたが、でも、走っている(歩いてる!!)間にも本当にたくさんのドラマがありました。

今でも、昨日のことのように甦ります。そして、目には見えないけれど確実に大きなものを得ています。

色々な方が「どうして日本の大会じゃだめなの?」って聞いてきます。

地球に生きているんだもの。
自分の訪れたことのない場所を駆け抜けたいなって。

そして、走ることだけではなく、旅そのものにもたくさんの出会いがあり、沢山の発見があり、たくさんの学びがあり、一度きりの人生を何倍にも豊かにしてくれるから。
遥か遠いマルタの地へ思い切って行って“良かった!!”この一言です。

皆さんもぜひ、一度は訪れてみて下さい。  
             
旅コンシェルならきっと皆さんのご要望を取り入れ、素敵な旅のアレンジして下さると思います。

 


---- 今回ご旅行の参考プランはこちら ----

◆☆2017年3月5日(日)出走!!☆◆
世界遺産・遺跡、巨石文化を今に残すマルタ島の人気リゾート地を走る
第32回Vodafone マルタマラソン2017





europe-concier@gaea.ocn.ne.jp
info@big-tour.com